One Day , Once More       

もう一度、ある日。    ☆ 本が好き、映画が好き、音楽が好き、おいしいものや雑貨が好き、そんな人に嬉しいフォトエッセイ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

054 ある日。 ジュリア。

ジュリア
父親の再婚相手に恋をする。許されない恋だ。
そんな彼が、恋人に会いに行くと言って足を運ぶのは、自動車ディーラー。
恋人の名は、アストンマーチンDB4。英国が誇る名車中の名車だ。
美しいボディに彼が愛撫するように触れるシーンに、ぼくは憧れ嫉妬さえした。ギリシャ映画「死んでもいい」、きょうまでに何度見たことだろう。
数日前、眠れない真夜中に散歩した時、ぼくは外車ディーラーのショウルームに、幼い頃恋人のように憧れたクルマを見つけた。
彼女の名は、ジュリア。深紅のアルファロメオだ。見つめながら、ぼくたちが結ばれる日はくるだろうか?と思った。  NEW
スポンサーサイト

テーマ:自動車全般 - ジャンル:車・バイク

  1. 2008/02/24(日) 11:13:59|
  2. ぼくの好きなもの。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<055 ある日。 ミニが欲しい。 | ホーム | 053 ある日。 男ひとり。>>

コメント

ロミーさん、こんばんは。

カルマンギアはVWビートルのシャシーに
カルマンがデザインしたボディをギア社がつくってのせたもの。
ちょっとおしゃれな女の子が乗っていたものです。
カブリオレ、つまりオープンカーもあっていまも時々みかけます。
いま乗るには道路事情なんか考えるとちょっと古すぎるかも。
でも、ステキでしょう。
  1. URL |
  2. 2008/03/06(木) 00:05:28 |
  3. ある日。 #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

確認しました。

カルマンギア、ネットで見ました。
やっぱり、60・70年代頃のものですね。
いいですよね。あの頃の車は。
今の大量生産型とはちがって、1台1台に特別な顔を見ることが出来ます。
手がかけられて出来きたものには、大袈裟ですが命を感じます。
あの頃の車が似合うような女性になりたいと思う、最近です。

まだまだ、無理のようですが・・・。
  1. URL |
  2. 2008/03/05(水) 23:09:07 |
  3. ロミー #-
  4. [ 編集]

noriさんへ。

早起きnoriさん、おはようございます。
本当に変な書き込みは困ったものです。(けっこうあります)
みんなの目に入らないように、チェックして消すようにしているのですが、
けさはうっかりnoriさんの書き込みまで消してしまいました。
というわけで、いまアップされているのは、同じ物をぼくが改めて書き込んだものです。
すみません。書き込み時間が違っているのはそのため。
以後気をつけます、ごめんなさい。
  1. URL |
  2. 2008/02/26(火) 11:19:12 |
  3. ある日。 #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

てふ・てふさん、はじめまして。

オリジナルの「ある日」には、恋の話も時々書いていました。
ぼくも書きたいのですが、恋の話は恋の話だけのブログで公開したいと思っています。
準備中ですが、少し予定がくれています。
始めたらここでも紹介するつもりです。あとしばらくおまちください。
  1. URL |
  2. 2008/02/26(火) 10:11:13 |
  3. yoh・yoh #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

おはようございます。
変な書き込み 入ってますね。
こういうの 嫌ですね。
でもここを楽しみに来る人たちが、たくさんいらっしゃるのですから、負けないで 続けてください。
 
いつも眺めに来ていますよ~~

                            nori

  1. URL |
  2. 2008/02/26(火) 10:05:55 |
  3. nori #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

yoh・yohさんへ

クルマには詳しくないけど
あなたにかかるとクルマもロマンティックに見えてくるわ。
恋の話をもっときかせてくださいな。
  1. URL |
  2. 2008/02/26(火) 01:17:12 |
  3. てふてふ #QHTiNqpQ
  4. [ 編集]

ロミーさん、こんばんは。

はい、彼女は60年代生まれですね。
彼女に限らず、クルマがステキだったのは60年代だったと思います。
なかでもアルファロメオを筆頭に、イタリアはグッドデザインの宝庫でしたね。
名前もジュリエッタとか、さすがロミオとジュリエットの国だと思いました。
ビートルは息の長いクルマで、つい最近までメキシコやブラジルで生産されていましたよね。
うまく探せばグッドコンディションのものが見つかるかもしれませんね。
ビートルといえば、同じシャシを使ったカルマンギアが好きだったなぁ。
クルマの話をしてると、朝まで話し続けそう。
  1. URL |
  2. 2008/02/25(月) 00:23:12 |
  3. ある日。 #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

彼女も・・・

早く迎えに来て欲しいと思っているのではないかしら。
とても、ステキな色合い。キュートな顔立ちですね。
60年代頃の彼女でしょうか?

実は私も学生の頃から望む車があります。
偶然にもこの色と同じビートル。。。
思い続けて、早数十年。
思い続ければ、いつかきっと結ばれますよね。
私のそばに何時の日か来てくれることをずっと願い続けています。
  1. URL |
  2. 2008/02/24(日) 22:37:13 |
  3. ロミー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoh2002.blog15.fc2.com/tb.php/60-2c537c6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoh・yoh

Author:yoh・yoh

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

+Links

カテゴリー

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。