One Day , Once More       

もう一度、ある日。    ☆ 本が好き、映画が好き、音楽が好き、おいしいものや雑貨が好き、そんな人に嬉しいフォトエッセイ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

029 ある日。 母と映画と、そしてぼく。

bento 小学校2年の土曜日、
 
学校からの帰りに映画を見に行きました。
  「見たい映画があるけど、家に帰ってからだと上映に5分近く間にあわない」といったら、母が許してくれたんです。
 ふだんは口うるさかったけど、映画好きの母には5分遅れる意味が、よくわかっていたのです。
 だから、弁当まで用意してくれました。おかずは、鯛の煮物です。贅沢でしょう。
 映画館に入って弁当を開けると、きれいに小骨が取り除かれ、身がほぐされていました。
 暗闇で食べても小骨が刺さらないようにという心遣い。
 おかげで幸せな気分で映画を楽しむことができました。
 母は、ぼくが弁当箱をあけたときの驚く顔を思い浮かべながら、
 骨を1本1本取ってくれたんだろうな。とてもお茶目な母でした。 
 ★OLDIES

スポンサーサイト
  1. 2008/01/03(木) 21:59:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<030 ある日。 怖くない悪役。 | ホーム | 028 ある日。 年の初めに思うこと。>>

コメント

のりさくさん、コメントをありがとう。

母方がみんな映画大好き。
叔母と結婚していたおじさんには、しょっちゅう映画に連れていってもらいました。
ほとんど洋画でした。ぼくが住んでいた街では、中学生は行っていい映画と悪い映画というのがあったけど
ぼくはそんなルールは無視。ぼくの映画館通いは、先生たちも黙認でした。
初めて授業を抜けて映画に行ったのは小5のとき。ぼくの知識の大半は映画からだったといってもいいかも。
高校時代は、午後の授業は映画だったといってもいいくらい映画館に通いました。
でも、映画が学校だったといえるような心に響く映画が最近はすくないようなきもします。
のりさくさん、これからもよろしく!
  1. URL |
  2. 2008/01/05(土) 16:39:04 |
  3. ある日。 #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

いい影響を受けていたのでしょうね。小学校低学年で映画を見にいくという考えをもっていたある日さんがうらやましい。
ちなみに私が初めて映画を見たのは中学生の頃でしたよ。
  1. URL |
  2. 2008/01/05(土) 16:19:10 |
  3. のりさく #-
  4. [ 編集]

ハツキさん、こんばんは。

ハツキさんわかりました、
おっしゃるとおりだと思うことにします。
もし母が生きていたら、はつきさんの心遣い、とても喜んだと思います。
亡くなる半年前に会ったのが意識のある母にあった最後。
姉や妹は呼ばず、ふたりだけで朝まで語りあかしました。
立つこともやっとだった母が、ぼくのために小さなサザエを買っておいてくれて
5~6個全部を壺焼きにしてひとりで食べました。
母が亡くなってから数年間は、サザエを見ると涙が出て食べられなかった。
母との楽しい思い出は、またここで書こうと思っています。
  1. URL |
  2. 2008/01/04(金) 23:43:47 |
  3. ある日。 #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

こんばんは、ある日さん
いいえ、きっとお母様は気づいていらしゃったと思います。
だって、暗闇の中でも魚の小骨が刺さらないように取るには
容易なことではありません。 そんなお母様ですもの
愛情あればこそ、ただ謝る機会・・話す機会をなくされてしまったのでしょうね。
私はそう思います。  自分に厳しい方だったのかも?
とてもある日さんの事を愛していらっしゃったのだと思います。
ある日さんも優しい方ですからね^^
  1. URL |
  2. 2008/01/04(金) 23:17:14 |
  3. ハツキ #-
  4. [ 編集]

母は映画が大好きで、映画に関してはとても理解がありました。
母の兄と弟も映画好きで、東京で映画関係の仕事についていたようです。
弟の方は特撮映画のセットをよくつくっていたと本人から聞いたことがあり
彼は、ぼくがCMの撮影で東宝のスタジオに行った話をすると、とても懐かしがっていました。
ぼくのの映画好きは、きっと母方の血だと思います。
ただ、母とぼくは高2のころ、あることをきっかけに、しばらく厳しい関係になりました。
再び親子として親しく話し出したのは、、23~4歳のころのこと。
母は、じぶんがぼくのためによかれと思ってしたことが
ぼくには死ぬほど悲しいことだったとは亡くなるまで気づかなかったようです。、
  1. URL |
  2. 2008/01/04(金) 19:35:22 |
  3. ある日。 #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

やさしいお母様だったのですね。
小学校2年生で映画に行くのをここよく許してくれて
おまけにお弁当・・私に出来るかな?
でも、驚く顔や喜ぶ顔を想像しながら 何かをするって言うのは
大好きです。
だって、それだけで心がわくわくするでしょ~
なんとなくお母さんの気持ちがわかるような気がしました。
  1. URL |
  2. 2008/01/04(金) 14:10:56 |
  3. ハツキ #-
  4. [ 編集]

母を褒めてくれてありがとう。

ロミーさんも、きっとやさしい人なんだろうな。
母がステキだったかどうかはわからないけど、ぼくの映画好きは母譲りです。
ぼくが幼い頃、母が病弱とかでぼくはしばらく親戚に預けられていたし
高校時代は仕事の関係で母と会う時間があまり多くなかったし・・・母とは
もっと長くいっしょに生活したかったと思います。
  1. URL |
  2. 2008/01/04(金) 03:25:35 |
  3. ある日。 #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

やさしい方ですね。

とても、ステキなお母様ですね。
映画の時間にしても、お弁当にしても。
お母様の愛情をたくさん頂いて、今のある日。さんがいらしゃるのですね。
毎日のひとコマひとコマを忘れることなく過ごすある日。さんが・・・。

同じ女性として、尊敬いたします。
とても心打たれるお話でした。
  1. URL |
  2. 2008/01/03(木) 22:46:01 |
  3. ロミー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoh2002.blog15.fc2.com/tb.php/36-4a0a55f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoh・yoh

Author:yoh・yoh

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

+Links

カテゴリー

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。